メニュー

プラセンタ

「見た目も体もあきらめない」

プラセンタは肌質改善や更年期障害、肝臓の病気がある方で広く使われています。

プラセンタには様々な効能があります。身体の不調のある方は注射をご検討ください。

 

プラセンタとは

プラセンタはヒト胎盤抽出物由来製剤のことです。胎盤を治療に使用します。元々ブタ・ウマ胎盤はサプリメントや化粧品として広く使われています。ヒト胎盤は注射剤のみ用いられています。ヒト胎盤は元々元気がでる効能(補腎益精)がある生薬として古くから使われてきました。様々な効果が確認され注射液が日本で開発され広く使用されるようになりました。

効果

基礎代謝向上、ホルモン調整作用、乳汁分泌促進作用、血行促進作用、自律神経調節作用、強肝・解毒作用、精神安定作用など様々な効果が報告されています。

主に女性ではお肌の美白効果、シワ、皮膚の老化予防、更年期障害のために使われます。男性の場合にも同様の効果があり肌質改善、疲労回復で用いられます。

治療法

週に1〜2回、注射を行います。皮下に注射を行います。効果の持続は2〜3日ほどです。ただ全ての人に効果があるわけではないため半年ほど続けても効果が認められない場合には治療を中止するようにしています。

デメリット

・献血が行えなくなります

プラセンタは人の胎盤から抽出したエキスを原料とする生物製剤です。プラセンタを注射すると感染症が起こる可能性が0%といえないため献血が行えなくなります。ただし、これまで感染症の報告はありません。また製造過程からプラセンタ中の血液は全て除去されるので血液は含まれません。きちんと加水分解滅菌や高温蒸気滅菌を行い、肝炎ウィルスなどの感染対策が行われています。ただ、今後わかる未知の感染症の可能性があるため現状では献血をしないよう呼びかけられています。

・副作用が起こる可能性があります

注射部位の痛み(2.5%)、過敏症(0.3%)、注射部位の硬結(0.3%)などの副作用が起こる可能性があります。

費用

費用は自費で1980円(税込み)になります。当院では1回の注射は1アンプルとなっています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME