メニュー

新型コロナウィルス感染症

現在、新型コロナウィルス感染症はデルタ株が非常に流行しています。デルタ株は大変脅威的で別のウィルスと言ってもいいぐらいの感染力を持っています。とてつもない感染の広がりを見せており、東京都の新型コロナウィルスのほとんどがデルタ株に置き換わっています。今後も更なる増加が予想されます。どこの病院も病床がなく、救急車を要請しても救急車が足りず呼んでも来ない、という状況が出ております。医療資源が枯渇しており自宅療養が当たり前、もはや災害レベルになっています。軽い症状でもできるだけ早く検査を受け、大事なご家族に広がらないようにしましょう。当院ではPCR検査を実施しております。検査をご希望の場合にはご予約をお願いします。予約はこちら

 

原因

原因はコロナウィルスを他の人からもらうことで感染します。飛沫感染、エアロゾル感染、接触感染という感染手段で人に感染します。コロナは飛沫感染としてせきやくしゃみ、近い距離での会話で人にうつります。人からコロナウィルスをもらって症状が出るまでの潜伏期間が大体5日ほどです。ただ人によって症状が出るまでの時間にばらつきがあり、長い人では14日経ってから症状が出ることがあります。

 

感染力

流行初期と異なり現在流行しているデルタ株は非常に感染性が強いです。従来の株は1人に感染すると2.5人に広がると言われていますが、現在のデルタ株は1人に感染すると7〜8人まで感染が広がります。インフルエンザが1〜2人、風疹が5〜7人に広がる程度だと考えるとこれは脅威的な感染力です。毎日のニュースに慣れてしまうのはしょうがないのですが、今後の感染拡大が非常に心配されます。

 

症状

  • せき(50%)
  • 発熱(43%)
  • 筋肉痛(36%)
  • 頭痛(34%)
  • 息切れ(29%)
  • のどの痛み(20%)
  • 嗅覚または味覚異常(10%未満)
  • 腹痛(10%未満)
  • 鼻血(10%未満)

その他に嘔吐、下痢、結膜炎、息苦しさ、胸が圧迫される感じ、食欲がなくなる、などがあります。全体の80%の方が症状が出てからおおよそ1週間で症状は良くなります。逆に最初は症状は軽くても1週間してから呼吸困難が出てくる場合もあります。また、お子さんは大人よりも圧倒的に軽症で済むことが多いです。重症化の症状の可能性がある要注意症状として以下のものがあります。

見た目
  • 顔色が悪い
  • くちびるが真っ青になっている
  • いつもと違う、様子がおかしい

意識など

  • ぼんやりしている(声をかけても反応が悪い)
  • もうろうとしている(声をかけても反応がない)
  • 脈がとぶ、脈がドキドキする
息苦しさなど
  • 息が荒くなった
  • 急に苦しくなってきた
  • 突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしてきた
  • 日常生活で動いているだけで息苦しい
  • 横になれない。座っているほうが苦しさが楽
  • 肩で息をしている
  • 胸に痛みがある

(新型コロナウィルス感染症対策推進本部事務連絡令和2年4月27日を一部改変)

 

致死率

コロナにかかって重症化する時には主に肺炎やARDSという呼吸が重症になる病気になることがあります。その他心臓に悪影響したり、脳梗塞を起こしやすくなるなども報告されています。軽症ですむ人が全体の81%、中等症が15%、重症の方は5%ほどです。コロナにかかった人が死亡する可能性は2.3%ほどです。致死率は年齢が上がると上昇します。年齢が60代以降で集中治療室への入室率が高まります。現状で重症化のリスクとしては以下のものがわかっています。

  • 65才以上の高齢者
  • 悪性腫瘍(がん)
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD、肺気腫)
  • 慢性腎臓病
  • 2型糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 肥満(BMI 30以上)
  • 喫煙
  • 固形臓器(肝臓や腎臓など)移植後の免疫不全
  • 妊娠後期(妊娠8ヶ月以降)

ただ、現在流行しているデルタ株は50代以下での発症、重症化が非常に広がっており全国の病院の多くがそのような若い年齢の方で占拠されてしまっています。20代での死亡例も多くなっています。もちろん若い方ですので看取りではなくできるだけの救命処置が必要となり、結果集中治療室が埋まってなかなか空かなくなっています。

 

後遺症

新型コロナウィルス感染症では症状が持続することがあります。3人に1人が複数の症状を経験しています。

  • 疲労感(15〜87%)
  • 呼吸困難(10〜71%)
  • 胸の痛みや圧迫感(12〜44%)
  • 咳(17〜34%)

その他嗅覚障害、味覚障害、鼻炎、食欲不振、めまい、筋肉痛、不眠症、脱毛症、関節痛、頭痛、シックハウス症候群、発汗、下痢などがあります。これらの後遺症の症状は軽症の方では2週間ほど、重症だった方は2、3ヶ月ほど継続するようです。

 

検査

PCRという検査が一般的です。唾液や鼻、痰で行う検査です。当院では現在の感染状況から積極的に検査を行っておりますのでご相談ください。取り扱いがあるのは鼻腔検査と唾液検査です。鼻腔検査は鼻の入口1cmほどのところで綿棒で検査をしますので赤ちゃんでも泣かずに検査ができます。インフルエンザの時のように鼻の奥まで入れる鼻咽頭検査は行っておりません。また、唾液検査も取り扱いがあります。大事なことはPCR検査の正解率は100%ではないということです。本当にコロナにかかっていても検査で引っかからないことがあります。何回か検査をしてやっと判明した、という人もいます。せきや鼻水、熱の症状のある方や濃厚接触がある方の場合には公費で検査を行い診察料2,000円ほどで検査ができます。濃厚接触ではなく無症状の方の場合は自費になります。

PCR以外の検査として抗原検査や抗体検査というものがあります。検査の精度はPCRよりは劣りますが当日にすぐに検査ができるので今日結果を少しでも確認したい場合には有用ですが、当院では精度が低いことからPCR検査のみを行なっております。

 

診断

コロナは本当に色々な症状でご来院されます。また、全く症状のない方も多くいらっしゃいます。そのため検査をせずに診断することは困難です。医者がコロナを疑うのは通常風邪は5日ほどで治るのに1週間経っても治らない時や肺炎やコロナの合併症を疑う時です。しかしコロナは無症状の人から重症で意識が悪い人など症状がバラバラなので検査しないで診断に至ることはほとんどありません。医師であってもPCR検査に頼るしかないのが現状です。

 

治療

いくつかの薬は論文で入院での使用を期待できる結果も出ており使用されています。最近は軽症の方のための治療法も開発されてきて検証されています。ただクリニックの外来で現在使用して効果が明確な薬は今のところありません。

 

感染予防

感染予防のためには複数の感染対策を以下に毎日徹底してできるかどうかが重要です。

ワクチン接種:感染予防効果が明らかですのでできるだけ接種しましょう。当院では現在新型コロナウィルス感染症のワクチン接種は行えません。足立区のHPからご予約ください。

マスクの徹底:他の人が2m以内にいる場合では常にマスクをつけましょう。マスクは不織布マスクをお使いください。フェイスシールドやマウスシールドではマスクの代わりにはなりません。

手洗い:外出中も自宅でも手洗いをしっかりしましょう。人は1時間に23回自分の顔を触っているというデータもあります。何かをしたら手を洗う、またはアルコール消毒を習慣にしましょう。携帯電話も同様で手すりやドアノブなどを触った手でそのまま携帯電話を触らないようにしましょう。これからの時代、携帯用アルコール消毒は必須になるかと思います。

換気:できるだけ換気を行いましょう。自宅の場合には1、2時間ごとに5〜10分換気するとよいです。

環境消毒:1日1回、ドアノブ、テーブル、てすり、スイッチなど手のよく触れるところを100倍希釈した家庭用洗剤で拭き掃除しましょう。1日1〜2回手のよく触れるところを薄めた漂白剤(0.05%次亜塩素酸ナトリウム水溶液)または、アルコールを含んだティッシュで拭きましょう。

密回避:1密(密閉、密集、密接)でもリスクがありますので気をつけましょう。なるべく人の正面には立たない、電車で窓を開けて換気ができるのであれば自主的に換気をしましょう。通勤の際には通勤時間をずらす、人の少ない車両に行くなどもできます。換気の悪い密閉空間(車の中も含みます)、たくさんの人が集まる密集場所、近距離で会話や発声をする密接場面を避けましょう。食事は黙食で会話を避けましょう。

 

今後

いつ終息するのか、これについては誰にもわかりません。感染が落ち着かないことに不安があると思います。しかしこれは今までにない感染症が起こっている人類史上最悪の感染症です。これまでの生活とは変わります。もはや医療資源は枯渇しており病院には入院できず、自宅で様子を見るしかありません。東京都の救急隊、保健所、病院、クリニックの僕たちも必死に対応しております。毎日診察をしていてコロナにいつ感染してしまうのか、自分の家族にうつしてしまわないか、不安な気持ちでいっぱいな中で必死でやっております。今絶望の中にいらっしゃる方もいるかもしれません。アンパンマンの作者、やなせたかし先生の言葉に「絶望のそばに希望がいる」という言葉があります。絶望ではなく希望にフォーカスしましょう。今ご家族がそばで健康でいること、自分の命があることに感謝をしましょう。そして周囲の人の感染を我々自身がコントロールすることはできません。できることは自分の身を守ることだけです。お互いにできる限りの感染対策をしましょう。どうかみんなで協力してご自宅で過ごすようにしてこの危機を乗り越えましょう。皆さん一人ではありません、力を合わせましょう。

予約はこちら

 

参考文献

新型コロナウィルス感染症都民向け感染予防ハンドブック[第1版] 東京都感染症情報センター

人との接触を8割減らす、10のポイント 厚生労働省

新型コロナウィルスに関するQ&A 厚生労働省

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME