メニュー

アトピー

アトピーの治療

アトピーとは、よくなったり悪くなったりを繰り返すかゆみのある湿疹がある病気です。多くの人に花粉症や喘息などのアレルギー体質(アトピー素因)があると言われています。年齢別にアトピーを持っている割合は乳児で6〜32%、幼児で5〜27%、学童で5〜15%、大学生で5〜9%と報告があります。全体的には年齢が増えるとアトピーは減少する傾向があります。成人の場合も同様で20歳代が4.1%、30歳代が8.3%、40歳代が4.1%、50〜60歳代では2.5%になっています。このように大人になってからでもある程度の人がかかっている病気です。ここではアトピーについてお話します。少しでもアトピーへの不安が軽減されると嬉しいです。

 

原因

遺伝の関与が大きいです。家族にアトピー性皮膚炎を持っている方がいるとなりやすくなります。多くの場合には皮膚の一番外側にある表皮に遺伝的な異常があります。表皮は無傷であれば刺激物や微生物が体内への親友を防ぎ、皮膚が水分を失うのを防ぎます。アトピーの人ではこのバリアーが弱くなっています。アトピーになりやすい人の特徴としては遺伝と環境があります。

遺伝

家族にアトピー素因(湿疹、喘息、アレルギー性鼻炎)を持つ方がいる場合にはリスクが高まります。患者の70%にアトピーの家族歴があります。片方の親がアトピー素因がある子供はアトピーを発症するリスクが2〜3倍、両親がアトピーの場合にはリスクは3〜5倍になります。

環境

気候、住む地域(都心で多い)、大気汚染、水の硬度(硬水)などはアトピーに影響する可能性があります。

 

症状

アトピーの特徴は皮膚の乾燥と強いかゆみです。しかし症状は個人差がかなり大きいです。湿疹は見た目はじゅくじゅくした液が出たり、かさぶたができて強いかゆみを伴う赤い湿疹になることが多いです。しかし少し時間が経ってくると乾燥した、魚のうろこのようなざらざらしたり、擦り切れた赤い湿疹になります。さらに慢性的になると皮膚が厚くなったり亀裂ができたりします。同じ患者さんでも場所によって湿疹の程度に違いがあることが多いです。

アトピー性皮膚炎では全体の60%が生後1年以内に発症し、ほぼ85%が5歳までに発症します。大多数の患者さんは小児期後半までに湿疹が消失しますが、一定の割合で思春期や成人になっても病気が持続することがあります。

乳児 

頬、額、頭の露出部にまず乾燥、次に赤みが出てきます。広がると耳や口周囲、頬や顎など顔全体に広がります。その後首やわき、肘や膝でて、胸腹部や背中、手足にも湿疹が出てきます。通常おむつを履いているところにはアトピー性皮膚炎はできません。

小学校卒業まで

顔の湿疹は減りますが、代わって首、わき、ひじ、手首、足首に湿疹が増えます。ひどくなると顔や手足にも湿疹が広がります。

思春期以降

思春期以降は顔、首、胸、背中など上半身が強い傾向が全身に出ることもよくあります。基本的に左右対称に出現します。

どこの場所でもできますがお尻やまたの付け根にはできることが少なく、この場合には他の病気の可能性も考えなければいけません。

 

検査

検査は必要ないことも多いです。ただ、難治性アトピーの場合にはアレルギーとしてほこりやカビが原因であることがあり採血でアレルギー検査を行うこともあります。アトピーの方のほとんどの方は、食べ物や花粉など吸入性のアレルギー物質への曝露、刺激物、ストレスなどさまざまな環境刺激に対しての皮膚の過敏性があることが多いです。

 

診断

診断はかゆみを伴う湿疹が左右対称性に出現していることや上記の年齢に沿って典型的な場所に出る場合に考えます。また湿疹の時間の長さも大事で赤ちゃんでは2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上継続したり治ったりする場合にアトピーの診断になります。

 

治療

治療は炎症を抑える薬を使います。主にステロイドの塗り薬が基本になります。アトピーは数カ月から数年にわたって慢性的な再発性の経過をたどります。軽症の方であれば自然によくなることもありますが、中等度〜重症の方の場合には治療なしで治癒することはありません。治療によって症状が落ち着いていくのが通常でステロイドや保湿剤で症状がない状態、またはあっても軽微で日常生活に支障がない状態を維持するのが重要です。ステロイドと同様の効果のある薬を使うこともあります。ともにプロアクティブ療法という症状が一旦落ち着いてもすぐにやめずに保湿剤を毎日、軟膏を週2回ほど塗る治療が重要です。ステロイドやその他の薬も適切に使用すれば副作用は少なく安全性が高いです。副作用としては塗った場所の皮膚が萎縮したり赤ら顔になったりニキビができること、皮膚感染が起こることもありますが薬をやめたり適切な処置をすれば改善します。他に湿疹が落ち着いてもスキンケアが大事であるため保湿剤を処方することがあります。また、かゆみがあり、皮膚をかいてしまうと湿疹がいつまでも治らないためかゆみがつらい場合にはかゆみ止めの内服薬も処方します。

 

以上が簡単ですがアトピーについてです。アトピーは薬を継続的に使用しなければならないことも多く大変ですが、適切な治療でコントロールできる病気です。ぜひ当院で相談ください。

 

参考資料

アトピー性皮膚炎 皮膚科Q&A 日本皮膚科学会

アレルギーについて アトピー性皮膚炎 アレルギーポータル

Atopic dermatitis clinical guideline. American Academy of Dermatology Association

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME