メニュー

イボ(尋常性疣贅)

イボの正式名称は尋常性疣贅という名前です。若い方の手足にできる事が多いです。HPV(ヒトパピローマウィルス)というウィルスに感染することでできる感染性のイボです。通常、かゆみなどは特にありません。他に似たようなイボの病気で軟性繊維種というものや老人性角化症、スキンタグなどもあります。

今回ここではこのウィルス性イボ(以下イボ)についてお話ししていきます。ちなみにイボと水イボは違う病気です。どちらもウィルス感染が原因ですが、イボはHPVというウィルスなのに対して水イボはポックスウィルスという名前のウィルスです。見た目も水イボの方がぷっくりと水々しい盛り上がりのあるブツブツのことが多いです。水イボの方が人への感染力も強いです。ともに若い方に多い病気です。

魚の目の人のイラスト

原因

イボはHPVというヒト疣贅ウィルスが感染することによって人から人にうつります。イボを触ることで2〜6ヶ月ほど間を空けてからうつります。時間がかなり空いてから人にうつるのでどこで誰からもらったのかわからないことも多いです。特に怪我をした皮膚やお風呂上がりなど柔らかくなった皮膚でイボを触るとそこに感染しやすいです。また、銭湯やジムなど公共施設でもうつる可能性があります。その他、イボを触った自分の他の場所にもうつることがあります。なのでつい気になると思いますがなるべく触らないようにしましょう。

イボはお子さんや若い方の方がご年配の方よりもおこりやすいです。また、女性より男性の方が多いと報告されています。また、イボが広がりやすかったり悪化しやすい方もいます。主にアトピーの方にその傾向があります。また普通より免疫が弱い人(例えばがんにかかっている方、免疫抑制剤を飲んでいる方や、エイズにかかっている人など)でも悪化しやすいとされています。

 

診断

イボの診断は医師による見た目で判断します。わかりにくい場合には虫眼鏡のようなものを使って皮膚を確認します。魚の目と違い、よく見るとイボの中に点々と黒い点があり、通常痛みはありません。場所は手足の先、特に指の背中側、足や爪の周囲に多いです。稀に皮膚がんであったりする事があるからです。特にイボが数ヶ月でどんどん大きくなる場合や形がいびつな場合は注意が必要です。ガンが疑わしい場合には大きな病院の皮膚科に責任を持ってご紹介させていただきます。

 

治療

イボは自然に良くなることが多いですが時間がかかります。お子さんの場合は2/3の人が2年以内に自然に良くなります。大人の場合は自然治癒はお子さんよりゆっくりで数年以上かかるといわれています。ただ人によってはずっと残ることもあります。

また、イボは残念ながら再発することがよくあります。先程述べたように他の場所に移るのに潜伏期間が数ヶ月ほどかかるので触っていると気がついたら触った手にもうつってきます。手先にイボがあると気になって触ってしまうと思うのですが、あまり触らないようにしましょう。

治療は貼り薬や塗り薬のサリチル酸です。スピール膏というもので市販でも売っていますので使って頂いて良いと思います。3〜4日つけて、その後剥がします(たまにずっと貼り薬をつけ続ける方がいらっしゃいますが、それではどんどん傷口を痛めてしまう可能性があります)。皮膚がふやけて剥がれやすくなりますので、ご自分で皮膚の皮がめくれるようであればそれで治療終了になります。ただこの貼り薬、日本製のものでは海外製より濃度が薄いためそれだけで取りきれない事もあります。当院の治療としては主に液体窒素で治療をします。液体窒素はドライアイスのようなもので液体状のものを患部に数秒つけます。その後1〜2週間間隔で定期的に受診して治療します。小さいものなら数回の治療で終わりますが大きなものや月日が経っているものは半年ほどかかることもあります。長く付き合っていかなければいけないこともある、と理解して気長に頑張りましょう。これら貼り薬と液体窒素の治療は一緒にやる事でより良くなることも多いので来院数日前からテープを貼ってきてもらい、来院してから液体窒素で治療することも多いです。他にも飲み薬の漢方、ヨクイニンを飲むこともあります。薬の決まり上、毎日かなりの薬の量を飲むことになってしまいます。患者さんと相談して上記の治療で改善しない場合などに追加の治療として検討します。またイボがかなり硬くなっていたり、大きい場合には上記に加えてメスやカミソリのようなもので削ることもあります。手術のような形でイボを取り除くこともありますが、そこまで効果も強くなく当院では申し訳ないですが行っておりません。いずれにしても手より足のイボの方が治りが悪い事が多いです。

 

感染予防

イボをいじったりしないことが大事です。また、銭湯など公共の施設では足のイボがうつらないようにできれば自分のスリッパなど持参で行くようにしましょう。お子さんの場合、幼稚園や学校などでは特にプールなど出席制限はありません。水ではうつらないのでお風呂は家族と同じで構いません。

 

いかがでしたでしょうか?イボは自然に治ることも多い病気です。たた、そもそもイボで本当に良いのか?などご心配なことも多いと思います。どうしても気になって触って広がってから治療に来られる方も多いです。ご遠慮なさらず一度早めにご来院を検討ください。

 

参考資料

イボとミズイボ、ウオノメとタコ「どう違うのですか?」 皮膚科Q&A 日本皮膚科学会

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME