メニュー

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌が多い場所にできたり良くなったりを繰り返す慢性的な皮膚の炎症です。鼻横のシワ(鼻唇溝)や鼻ばしら、眉間、眉毛、頭皮などに赤みやフケ、かゆみが出るのが特徴です。完治が難しい病気で何十年も付き合わないといけない可能性もあります。良くなったり悪くなったりを繰り返すので非常に患者さんはつらいと思います。当HPをご覧いただき少しでもお役に立てればと思います。

 

原因

脂漏性皮膚炎はマラセチアというカビ菌が作る物質が肌に合わず炎症を起こすのが原因です。カビ菌といってもマラセチアはどなたの体にもいる菌です。なので不潔にしていたからかかったというわけではありません。アレルギーが原因ではなく、炎症が原因ですのでどなたでもかかる可能性があります。

患者さんは男性の方が多いと言われています。1才未満の赤ちゃんと思春期以降の2つの世代でかかりやすいとされています。

赤ちゃんの場合には生後2〜4週から始まり生後8〜12ヶ月で自然に良くなります。

成人の方の場合には幅がありますが、ピークは3〜40代で、全体での有病率は3%ほどと言われています。

また、何故かわかりませんがHIV感染をしている人やパーキンソン病など神経の病気にかかっている人で起こりやすいと言われています。

 

増悪因子

脂漏性皮膚炎はストレスがある時、冬など冷たくて乾燥している時期に悪化しやすいです。その他リチウムやインターフェロンという薬を使用している人で悪化しやすいと報告があります。

 

症状

通常、頭皮、耳、顔面中央、胸、眉間などの皮脂の分泌が多いところにできます。頭皮が脂漏性皮膚炎で出現する場所として最も典型的ですが、症状としてはフケやかゆみがでます。重症な場合には頭部が黄色の油性の鱗のような皮で覆われることもあります。病変は耳の後ろまで広がって耳に亀裂ができたり、じゅくじゅくとすることもあります。顔の場合には髪の生え際より下の額、眉毛と眉間、鼻の下の溝(鼻唇溝)に出現しやすいです。頬にもちょうちょのように広がることもあります。男性では口ひげやあごひげの部分にも出ることがありひげを剃ることで治療や病気のコントロールに役立ちます。目の周囲にできることもあり脂漏性皮膚炎の唯一の症状のこともあります。体ではわき、乳房下、へそ、生殖器領域などにできることがあります。成人の方ではよくかゆみが出ますが、赤ちゃんの場合は通常かゆみがありません。

脂漏性皮膚炎と間違えやすい病気でしゅさという皮膚の病気があります。しゅさは現在も原因がよくわかっていませんが皮膚の免疫システムの異常で赤くなると言われています。どちらも顔に赤みが出てきますが、脂漏性皮膚炎は皮脂が出やすい鼻横や鼻ばしら、眉毛や眉間、顎に多いです。しゅさの場合には頬に赤みを作ることが多く、表面の皮膚はすべすべしていることが多いです。しかし厄介なことに両方の病気が同時に存在する事もありその場合には診断がかなり難しい事があります。

 

治療

塗り薬

ステロイドの塗り薬とカビをやつける塗り薬(抗真菌薬)を使います。炎症が強い間はしっかりと両方を塗って治療します。一旦炎症が落ち着いたら抗真菌薬は中止します。その上でしばらくステロイドの塗り薬は継続します。回数を減らして、ステロイドの強さを弱くしても炎症が起こらなければ徐々に辞めていきます。急にやめるとすぐぶり返すので徐々に減らしていく事が必要です。またステロイドと同じぐらい効果のある塗り薬もありますのでステロイドにご不安な方はそちらを使っていただくこともあります。

漢方

漢方薬として皮膚の毛穴に炎症を起こした時に使う十味敗毒湯や荊防敗毒散などを用います。他の漢方と併用して使うこともあります。しかし論文で強い根拠が示されている訳ではないので、炎症がひどい場合やつらい場合などが主で全ての方に使う訳ではありません。

 

よくある質問について

他の人に感染することはありますか?

脂漏性皮膚炎は人にうつることはありません。誰もが持っているカビ菌の作る物質のせいで皮膚に炎症が起こっているのです。

脂漏性皮膚炎の市販薬はありますか?

弱めのステロイドの市販薬はありますがなかなか有効な市販薬は現在のところはありません。しっかりとした強めのステロイドや抗真菌薬が必要になりますので早めにクリニックで診察を受けましょう。

適切なシャンプーはありますか?

抗真菌薬の入ったシャンプーが市販で販売されていますので、できれば普段からそちらを使って頂く方が再発防止に良いと思います。1ヶ月ほど使っても効果を実感できなければ別のシャンプーを試してみましょう。

適切な化粧品はありますか?

化粧品は刺激が低いものを使うようにしましょう。紫外線を浴びないよう日焼け止めを使うのも良いです。また、カビ菌をやつけるためにアルコール消毒を顔に塗るのはやめましょう。アルコールの刺激で肌が悪化することがありますので。

適切な洗顔方法はありますか?

洗顔は皮脂が多い方用の洗顔料を用いて毎日しっかり泡立てして行いましょう。あえてスクラブが入っているものを使う必要はありません。また、洗顔後は保湿をするようにしましょう。

適切な食事はどういったものでしょうか?

どういった食事が脂漏性皮膚炎予防に良いかは明確にはまだ証明された論文はありません。ある論文ではフルーツを沢山取ると脂漏性皮膚炎再発予防に良いというものはありましたがまだ根拠は弱いものです。

完治しないのでしょうか?

脂漏性皮膚炎は慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返します。そのため、完治は難しい病気です。ただステロイドや抗真菌薬を恐れずしっかり使い、スキンケアを気をつければ落ち着かせることは出来ます。

 

いかがでしたでしょうか?当院でも沢山の脂漏性皮膚炎の方を診察しております。長い付き合いになるので大変辛い病気です。何かご不安な点があればぜひ当院でご相談ください。

 

参考資料

American Academy of Dermatology

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME